ハイスペの証明(上位1%の世界)

 

 

 

 

 

 

 

これは民草には永久に理解できないことだと思いますが、世の中に必要な人とは全人口の1%ぐらいものです。残りの99%は要らない人間なのです。不要な遺伝子なのです。

あなはた自身のことを上位1%の人間と思っていますか。

僕は自分のことを上位1%か或いはもっと上位の人間であると確信しています。

それは口で言っても誰も信じてくれませんので、我々ハイスペはそれを証明するのです。

このハイスペの証明とは数字や客観的事実でのみなされます。

例えば年収です。日本人の年収で上位1%とは1,300万円です。

これは今年中に達成できると思います。それも本業のサラリーマン稼業だけでこれを達成してみせましょう。

収入以外でも身体的スペックでハイスペを証明することは男性としては非常に重要です。

戦争、災害、暴力、事故など、現代社会でも様々なリスクで生命が危機にさらされる可能性があります。そのような窮地に陥っても生還できる人間、それがハイスペなのです。

昨今、ハイスペの間で流行しているのがトライアスロンです。

ホリエモンもトライアスロンの大会に出場しています。

 

そんなこんなで、僕もトライアスロンを今年から真剣に挑戦しようと思います。

まず手始めに小さく始めるべく、アクアスロンという競技があります。

アクアスロンはスイムとランで構成される競技です。

今回参加した名護アクアスロンはスイム1.5km、ラン 10kmです。

#aquathlon #nago #名護 #アクアスロン

A post shared by Singa931 (@singa931) on

僕は小学生の頃は水泳教室に通っていましたので、ほぼノー練習で挑みました。

かなりナメてましたが、淡水プールと海は全く別物です。

ウェットスーツもマリンスポーツ用しか持ってないので、マジで死にそうになりました。

ウェットスーツの浮力と海水の浮力でバタ足の推進力が全く出ませんでした。

しかも肩がかなり締め付けられるので、拷問のようなスイムです。

波もガンガンに来ますし、海流もあり、時間切れの恐怖感と戦いならがのスイムでした。

そして目印のコースのブイが波で隠れますので、本当に方向感覚が狂ってしまうのです。

それでもなんとか38分ぐらいで陸に上がりましたが、海水を飲んでしまっていて、浜辺て軽く吐瀉ってしまうレベル。しかもウェットスーツで遠泳すると波にかなり揺られるので、三半器官がやられ、船酔い状態になるのです。

フラフラになりながら陸に上がり、ウェットスーツを抜いで靴とシャツを装着してランに突入。

ランに入ってすぐに道端カレンさんが僕を颯爽と抜かしていきます。

実は道端カレンさんはアマチュアでもトップクラスのトライアスリートなのです。

この大会でも男女総合2位の結果でした。趣味で少しかじっているレベルではありません。

それはさておき、名護の海は非常に綺麗で、コーラルブルーの海を横目に、地球を感じならが走るのは格別です。

#okinawa #aquathlon #complete

A post shared by Singa931 (@singa931) on

スイム系競技初参戦でありながら、なんとか完走しましたが、結果は最下位。

まぁ完走できたので、証明書がもらえますので、今回の目標は達成です。

トライアスロンの大会ではスイム関連の証明書がないと出場できないものもあるので、これを足がかりに今後はどれだけタイムを出せるかに焦点を当てて練習していきます。

沖縄では石垣島トライアスロンが有名で、僕はそれに出るためにトライアスロンを始めたようなものです。

名護ですらこの綺麗さなので、石垣島はもっと綺麗だと思います。

今回の旅のサブストーリーで、ベンツに乗ったので、そのレビューをしてみます。

結論からいうとベンツとはクラスによって全然違う乗り物だということです。

各クラスの僕なりの解釈は下記です。ベンツを購入/レンタルする際に参考にしてください。

S:スゲ〜ベンツ

E:いいベンツ

C:クラウン以下の走行性能でもベンツ

A:アホ用のベンツ

B:貧乏人用のベンツ

G:ゴージャスなベンツ

今回はCクラスをレンタルしました。

まず、外車に乗るのは初めてです。これは正直、非常に運転しにくいです。

特にウィンカーとシフトが日本車の真逆なので、慣れないと危険です。

良いところは自動運転です。ベンツではディストロニックといいます。

一定の車間を維持できるので、運転は少しは楽になりますが、レーン維持はかなり未完成。

自動運転はまだまだ先だなと痛感しますが、しかしながら全く夢の技術ではないことは体感できる。それが2018なのです。

しかし日本車でも運転アシスト技術がどんどん導入されてますので、やはりベンツは割高な贅沢品と言えるでしょう。

特にスバル車は世界でもトップクラスの運転支援を350万円ぐらいの車で提供しています。

デザインはDQN仕様なので非常に残念ですが。

知らんけど。

コメントを残す