週末はリゾートで暮らすことの意義

 

先日、私は3連休を利用して軽井沢に旅行に行った。

軽井沢は特に見るべきものがあるわけではない。

例えば、最も人気の美術館である千住美術館も、本当に行く価値がないようなところである。

http://www.senju-museum.jp

なぜ人は軽井沢に惹かれるのか。それは東京とは対極のライフスタイルを求めるからだろう。

このツイートが示すように、東京は情報過多で、常に神経が高ぶる場所なのだ。

そのような場所は仕事をするのには最高の場所なのだが、少し長い休暇が取れると、東京にずっといるということはたちまち負け組になってしまうのだ。

だから猫も杓子も連休となるとこぞって東京から脱出を試みる。

軽井沢はその象徴のような場所であり、日本屈指のリゾートである。

軽井沢の過ごし方で、最も正しいのは「何もしない」をすることである。

これは非常に難しい。休みの日はついつい何かしたくなる。しかしそれをリゾートでやるのはご法度である。

リゾートでやっていいのは散歩ぐらいのもので、本当にそれ以外は部屋の中でくつろいだり、

家族と普段は話さないようなことを話したり、ひっそりと過ごすのがリゾートでの最適解なのである。

ふらりと有名な蕎麦屋に訪れたのだが、接客は最悪で、店作りもクソ以下なのだ。

しかし素材はさすが長野なだけに、蕎麦の味は天下一品である。

#soba #karuizawa

A post shared by Singa931 (@singa931) on

店名:そば屋 志な乃

場所:北佐久郡軽井沢町長倉塩沢746

Google Mapでも店のレビューでは接客に関しては酷評である。

https://tabelog.com/nagano/A2003/A200301/20001186/

食べログ3.51とそれなりの高得点。

味はいいが接客ゴミレベル、店内注意書き30枚…

それでも成り立つのが田舎の飲食店なのかもしれない。そして飲食店などその程度の運営が正解なのかもしれない。

なぜならば旅行客には選択肢が少なく、十割そばの店の圧倒的な市場価値の前では、たかだか一見の客など取るに足らない存在なのだから。

#Karuizawa #forest #autumn🍁 #autumn

A post shared by Singa931 (@singa931) on

石の教会も、インスタ映えするかもしれないが、本当にたいしたことない。

もしあなたが軽井沢に旅行にいくのなら、「何もしない」をすることに徹して欲しい。

 

コメントを残す