美肌効果のエプソムソルト

最近、若い女性に人気のエプソムソルトをご存知ですか?

エプソムソルトは、実は塩ではなく、硫酸マグネシウム(化学式 MgSO4) なのです。

エプソムソルトの語源は Epsomite(舎利塩)です。

硫酸マグネシウムは医療用の便秘薬としても使われていて、体内に水分を貯めておけるようになるのだ。

それ故、それを肌に塗ると保湿効果があるというのは当然だ。

実際には多くの市販されている多くの入浴剤の有効成分は硫酸マグネシウムなのです。

硫酸マグネシウムはツムラの入浴剤にも入っているので、まさにKing of 温泉の素なのです。

エプソムソルトは有名人も多く愛用しています。

高畑充希さんも使っています。

新垣里沙さんも使っています。

#エプソムソルト で#入浴

A post shared by 新垣里沙 (@risa_niigaki1020) on

■エプソムソルトを入浴剤として使う

エプソムソルトは入浴剤として使います。

濃度は0.1~0.2%が良いと言われています。

バスタブの容量は150L~200Lぐらいなので、150~300gのエプソムソルト(カップ1-2杯)をお湯に入れます。

お湯の中の硫酸マグネシウムは SO4(-) とMg(+)のイオンになりますので、

SO4は硫黄です。

温泉の本質は硫黄成分なので、エプソムソルトを使えば自宅のお風呂が正真正銘の温泉に変身するのです。

硫黄とは、タンパク質やアミノ酸の構成要素で、他の元素と結合する働きのあるミネラル分です。

硫黄は、単独ではなく、「システイン」というアミノ酸に含まれています。体内に摂取された硫黄は主に、身体や髪の毛・爪・軟骨などの組織をつくる重要な物質なのです。

硫黄は、一般的には外用薬として軟膏や塗り薬に使用され、水虫や疥癬などの皮膚疾患治療に使われるほどの効果があり、硫黄が含まれる化粧品は、医薬部外品として多数登録されています。

硫黄を多く含む食品は、すなわちシステインを多く含む食品であり、牛肉、羊肉、牛乳、小麦粉、大根やニラ、玉ねぎなどに含まれています。但し、肉類でシステインを摂取する場合は、他の野菜と組み合わせて摂取することが効果的とされています。

硫黄の主な働きは、ビタミンB群と共に糖質・脂質の代謝に働きかけ、有害なミネラルの蓄積を防ぐなどの有益な働きをします。その他、角質を軟化させる作用や、殺菌、殺虫作用があるため、ニキビ予防や肌を美しくする効果、水虫や疥癬などに効果があります。更に、体内の代謝を活発にして毒素を取り除く働きもあることから、体調を崩していたり体力が低下している人に、微量の硫黄を与えると回復しやすいとも言われています。

なお、硫黄を含んでいるアミノ酸が欠乏すると、皮膚炎やしみ、吹き出物の原因となるほか、爪がもろくなったり、脱毛、関節痛といった症状を起こす可能性があるため、意識して摂取することが大切です。

Mgはマグネシウムです。

マグネシウムは生体に必要不可欠な成分です。

マグネシウムは、体内での酵素反応に関係していてタンパク質の合成やエネルギー代謝,筋肉の収縮,血圧調整,体温調整,血糖値の調整などに必要です。

またビタミンB1を保持する働きがあります。

マグネシウムの健康効果は心臓病,高脂血症の予防、糖尿病・血糖値の改善などがあります。

みなさんもエプソムソルトを使ってみては?

アマゾン購入ページ:

シークリスタルス 国産 エプソムソルト (硫酸マグネシウム) 入浴剤 2.2㎏約14回分 浴用化粧品

コメントを残す